長野でピシット先生を想ふ 続編

これは文章で示している技ではない
これは文章で示している技ではない

ギックリ腰よ再び!?

楽になった背中に気を良くした相方は、またまた庭仕事に精を出しすぎて・・

名古屋について車から降りようと下時点で

・・あれ~・・・・ 痛い」(m´ω)m

 

またですか。

 

ということで、偶然見つけた昔の資料達。

一つは、2001年に必死でノートに書き写したITMのチョンコル校長先生のサハサランジーの一部が、片足を片手で持ち上げた形の施術一連。

そして、軽い腰のツイスト技数種類

現在の型と少し違っているのですが、それを確認出来たのが嬉しい。

実際は、以前の型の方が親切だと私は密かに思っていたので、自分はこれをやっていこうと思いを強くしてみたり。

 

もう一つはピシット先生の、同じような型のもの。

違いは、ITMは掌での圧迫だけど、ピシット先生は掌ではなく膝を使われている。

うーん、この形でゆっくりと体重をかけて行くのはすごいぞ と感心する。

体軸がしっかりしていないと、どこかが緊張するからなんだけど。

 

少し興奮してきたわけで、当然試してみたくなる。

 

今の自分は、どれほど中心にいられるのだろう?

どれほど、慎重いられるのだろう?

 

まあ、偶然同じアプローチが目の前に現れたのと、

やって、やって~、それやって~~(*''*)♪

という相方の声に勇気づけられて やってみましたです。

 

でも・・これって腰へのアプローチだったかな?

 

目に繋がるセンなのになあ・・。

 

結果はですね、その場でかなりバランスが取れました。

翌日の今朝は、かなり腰が軽くなりまして

今日のWSは肩甲骨へのアプローチだったので、胸を開く必要がありまして

大きく体を反らせる技もたっぷり取り入れたのですが、気持ち良さそうでした。

 

サハサランジーって やっぱり腰にもいいのね。

 

すごいぞ師匠たち。

(いや、ピシット先生は直接の師匠ではありませんが)

遠く離れた私のところへも、お世話を焼きに来てくれました。

 

感謝。

感謝。

↑相方の分も。

 

名古屋市名東区上社タイマッサージ・スクールITM長野
名古屋タイマッサージITM

タイ・マッサージ・スクールITM長野

タイ政府公認のタイマサージ講師が本格的なタイマッサージを丁寧にお伝えしております。